2015年11月02日

ランタン

 カレンダーをめくると、
 “夜空に浮かぶ無数の光が描く神秘的な美しさ”が、
 目に飛び込んできました。
 
 タイの“イーペン祭り”と、言うらしい・・・
 “仏陀への敬意を表して、コムロ−イ(ランタン、熱気球)を、
 空に放つ”仏教式典だそうです。
 “その灯が視界から消える時には、
 苦難が一緒に舞い上がり、消えてしまう”と、信じられているという・・・
 知らなかった〜

 うん・・・どこかで見たような・・・
 ・・・そう! 少し前に、テレビドラマの中で・・・

 あれは・・・
 美しい和紙を、ろうそくの炎で夜空に放つ様だった・・・
 “消滅寸前の限界集落を、夏祭りで活気を取り戻そう”と、
 行われたイベントでした。
 その瞬間、思わず、「おお〜!」と、声に出してしまっていました。
 
 地球上のいろんな場所で、
 そのものの持つ意味は、それぞれ違っていても、
 同じようなことが 行われているんですね・・・

 なんだか・・・ステキ 。

 
posted by nmdc-ki at 22:35| Comment(0) | 日記