2016年03月07日

沈丁花

 あっ、いいにおい!
 公園を横切ろうとした時のことです。

 どこから〜 と、あたりを見回してみる。

 ありました、ありました。
 甘い香り、
 春を告げる沈丁花が、
 公園の右端の花壇のなかに・・・

 昨今、
 店先に並んだ切花には、ほとんど香りがなくなってきていることに、
 寂しさを感じていたのですが・・・
 思いがけない、甘い香りに、
 自然と、顔がほころんでしまっていました。

 沈丁花・・・
 その名の由来は、
 “香木の沈香のような香りがあって、丁字(チョウジノキ)に似た花をつけるから・・・”と。
 三月〜四月にかけて、手まりのように咲く花・・・
 
 香りのある花・・・
 なんだか、貴重なものに感じられます!
 
posted by nmdc-ki at 15:41| 日記