2016年06月05日

しのびね

 ある子供番組の中で歌われていた夏の唱歌!
 「うの花の におう垣根に 時鳥(ほととぎす)早もき なきて
 忍び音(しのびね)もらす 夏は来ぬ」
 忍び音って・・・?

 そもそも、うの花は、匂いのない花です・・・が、
 そこは“匂うが如く匂う″という・・・

 「てっぺん かけたか」とか、「とっきょ きょかきょく」
 って聞こえるという、ほととぎすの鳴き声。
 実際に聞いたことのある人の話によると、
 「喉から血が出るように、けたたましく鳴き、“しのび”とは、かけはなれている」とか・・・
 
 本来、“ほととぎすは、<旧暦の五月の鳥>と認識されており、
 それ以前、つまり<旧暦の四月>に来てしまったほととぎすが、
 おおっぴらに鳴くことのできる<旧暦の五月>が来るまで、
 その時を待って、こっそり鳴くもの”と、間違って理解された結果、
 できあがってしまった言葉が、“しのびね”

 ほととぎすの忍び音とは、
 初音(初めて聞く声)でもなく、声をひそめて鳴くことでもなく、
 正しくは、立夏の前<旧暦四月(卯月)>に鳴くほととぎすの声のことをいう。

 夏の訪れを感じさせてくれる「夏は来ぬ」
 実は、この歌、歌詞が五番まであります。
 よくみてみると、難しい言葉がたくさん出てきます。

 子供のころ、ただ、何気なく歌っていただけのように思う・・・

 今回、
 ほんの少しだけれど、作者の、その“想い”に触れられたような気がします。

 謎解きのように、ひとつひとつ、深く検証し直してみるのも、
 いろんな発見があって、おもしろいかもしれませんね。

 


 
posted by nmdc-ki at 16:36| 日記