2017年03月03日

お雛様

 「おかげさまで、元気にやっています」っていう風に、
 普段、よく使っている、“おかげさま”は、
 “御影様”であり、“自分の影”のことであり、
 自分自身の「守護神」を意味するという・・・
 だから、自分ではなく、自分の「守護神様」によって、
 「自分が元気に暮らせている」っていう、究極の尊敬語の意味合いを持つらしい・・・

 ひな人形を買った時点で、
 <ひな人形>は、子ども(おんなの子)の守護神となり、
 <お雛様>に変わってしまうらしい・・・
 お雛様は、大切な子ども(おんなの子)の身代わりとして、
 傷つき、汚れながら時を経ていく・・・

 自分を守る尊いものに、
 最大の尊敬を意味する「お」と、「様」を使って、
 <お雛様>と呼ぶようになったそうな・・・

 今風のひな人形には、
 目がパッチリ、金髪の、ドレスを着たものも出現!

 どうも、違和感があるけれど・・・
 それもまた、ありなのかもしれませんね・・・





 
posted by nmdc-ki at 23:58| 日記